※喉頭筋の伸展筋、閉鎖筋を学んだ後にお読みください。

コラムの

〇歌われる言葉は なぜ 心に響くのか!

〇歌声を育てる! 音声と語音

〇心地の良い歌声は どこから!   

 上記も合わせてお読みください

 

歌声と話し声の違い
〇「話し声
この声の状態では引き下げ筋の作用がほとんどなく、
宙ぶらりんの甲状軟骨を固定するために、

引き上げ筋の一部(甲状舌骨筋)が主だった役割を果たす。
この引き上げ筋により甲状軟骨は舌骨に固定されるのだが、

実は舌骨も固定されているわけではない。
甲状軟骨も舌骨も宙ぶらりんな骨。 そこで、
舌骨より上の筋肉、すなわち舌骨上筋群によって舌骨を下顎骨に固定。
でも、実は舌骨を固定するはずの下顎骨も宙ぶらりん!
なので下顎骨を固定する為に・・・と、
簡単に言えば、喉頭を固定する為に、それより上の筋肉群を働かせている。
俗に「喉の位置が高い」といわれるのはこの状態。
固定の際に引き上げ筋主体なので、

引き下げ筋による声帯伸展はほとんど伴わず、
声帯はたわんだような状態で全体が振動する。
閉鎖も大雑把で、

とりあえず声が出るように声門が閉まればいい程度にしか働いていない。
このように、
話し声というのは閉鎖筋と喉頭周辺の筋肉の一部を使うだけで、

しかも働きは大雑把。  その訳は、話し声にとって一番大切なのは

言葉の意味の区別(=使い分け・聞き分け)ができれば良い。
別に大きい声が必要なわけでも、広い音域が必要なわけでもない。
気息声だからダメとか、実声に聞こえないといけないみたいな制約もない。
話し声に必要なのは“言葉を聞き分けられる状態にして相手に伝えること”。

 

〇「歌声
話し声では使わなかった筋肉や、大雑把にしか働かなかった筋肉を使うことで
各種筋肉を効率よく役割分担させながら使っている。

1.引き上げ筋と引き下げ筋の作用について。
話し声の場合はほとんど引き上げ筋に頼った甲状軟骨の固定をしている。
それ対して歌声の場合は引き下げ筋も加わって、

甲状軟骨を上下から引っ張り合う形にする。
甲状軟骨を挟んで、引き上げ筋・引き下げ筋が拮抗した綱引きのような状況。
こうすることでも甲状軟骨は一定の場所に留まる=固定される。
これによって
喉頭内にある筋肉(より狭義では声帯にある筋肉)の緊張が解ける。
緊張が解ければ声帯の自由度は増し、歌に必要な敏捷性等を獲得する。
また、引き下げ筋が加わることで声帯の伸展を伴った発声になり、
音高調節を閉鎖筋に依存する必要もなくなる。

「喉が高い」といわれる状況が何故いけないのか?

その理由も上記によって説明がつく。
話し声のレベルでも音高調節はある程度利くが、

地声音域を越えられるものではない。また
閉鎖筋群に頼った音高調節・発声では上記の自由度・敏捷性は阻害され
速いフレージングは不可能。
話し声のまま歌っているなんて言われ方も、
引き上げ筋・引き下げ筋のアンバランスさが一因な気がする。

2.閉鎖筋の運動について。
話し声では大雑把。横筋と側筋で適当に閉鎖してるって事になる。
もちろん普段から閉鎖筋をバランスよく使ってる人もいる!
話し声のときに「息漏れが・・・」とか気にする人あんまいない?

だから大体の閉鎖でOK。
対して歌声、このときは息漏れを気にしたり実声の響きにこだわったり・・・
明らかに話し声にはなかった声質への意識になる。
このとき話し声の大雑把さを引きずってしまうと、

横筋と側筋に過度の働きを強いる結果になる。
また、引き上げ筋主体の発声だと

閉鎖筋の緊張も解けないままなので、思い通りに使うことも出来ない。
本来なら閉鎖筋群を使い分けたり、

あるいは一緒に使うことで声門間隙を狭め・閉じる必要があるのに。

上記に加え、歌声のときは声量確保のために

咽頭・口腔・鼻腔などの共鳴腔を広げようともする。
さらに、呼吸に関る筋肉(内外肋間筋・胸横筋・腹筋群etc)も総動員する。
まさに全身運動といっても過言ではない!
喉頭原音からスタートした小さな音を、

体中の筋肉を連携させることで歌声に発展させている。

 

〇以上のように歌声は発声器官の機能をフル活用する必要がある、
これは話し声のときにはなかった筋活動を多分に含む。
筋活動からみれば、「話し声歌声」(話し声歌声の一部分)の構図。
言葉をかえれば、話し声は発声器官の一部分を借用しているに過ぎない。
では逆に、借用している部分、話し声歌声がイコールの部分において、
話し声歌声に勝るものは何なのかを考えると、

“言葉の意味の区別”になる。  実はこの“言葉”こそ、

私たちが持って生まれてきた歌声の能力、発声器官を弱めてしまうもの。
少し例を挙げて考えてみると。
ただ大きな声で叫んだり、あるいは何か動物の鳴き真似をしたりするとき、
「ウォォォ!!」とか「アーーー!!」ってな感じの声を出す?
決して「イーーー!」とか「エーーー!」って言わない?
これは無意識に、より大きな声・より響く声・より通る声を出すために、

声帯や共鳴腔を操っている。
でもこれに言葉を乗せようとすると・・・同じ声のレベルでは出せなくなる。
言葉を発するということは、
共鳴腔を変形させ音のピークを形成し、唇・舌・歯などを使って調音を行う。
その作業は

良い歌声を形成する際の喉・共鳴腔・その他の条件とは対立するもの。

 

〇私達は、こんなことを、言葉を習得した後ずっと続けている。
日々の生活で歌うことはなくても、日常会話はする。
発声器官の一部分だけを使用し、あとはずっと休止状態・・・
それを何年、何十年と続けたら・・・
必然的に喉の筋肉は衰退し、共鳴腔は変形し、歌うための器官は荒廃する。
赤ちゃんのとき出せた大きな泣き声、そのときあった発声器官本来の機能は、
実は文明の利器ともいえる言葉によって衰えてゆく。

声のこと歌のこと

何でもお気軽に!

 

都合のいい

空時間をご予約

下さい

開設日 2012.04.01

アクセスカウンター

メルマガ限定記事

読者限定の無料特典付き

[パトス・ボイトレ

 発声身体力学講座]

  読者登録

教室運営の一部変更

今月のテーマ 4月

<今月のブログ>

2014年

10月

30日

絶対に間違えてはならないこと!

 

不出来のパーツの箇所の修正に意識が行き 

続きを読む 0 コメント

2014年

10月

19日

声の本質に気付いて欲しい!

音は波動体(のエネルギー体)

続きを読む 1 コメント

2014年

10月

01日

多くの人が信じてる真逆に、答えがある確率大!

真理は、自分も超えているという

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

17日

何かをしようとすると先に見えるものは?

目の前の壁が達成の前に先に見える

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

14日

私の目指す指導者!

教えるとは?

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

08日

腹筋とリラックスについて 是非聞いてください!

腹に力を入れなさい、胸はリラックスしなさい

続きを読む 5 コメント

2014年

9月

02日

成長より誕生が難しい!

練習には成長・進化と

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

17日

歌は歌えるのだが・・・

歌うものが歌えていない

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

12日

決まっている から自由に成れる

この度 パトス・ボイトレ講座の動画を制作して

 

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

02日

上達は個体の進化、やり方ではない!

進化は宇宙の能力を引き出すだけ

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

31日

呼吸とは、大気とのお付き合い

空気・気圧       呼吸・生物・息

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

30日

姿勢とは、重力とのお付き合い

重力         姿勢(大腰筋)

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

02日

発声道の発展へ

続ける、努力するは、

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

01日

ボイトレの前に習い事とは?

それぞれ習い事には
直接の目的・目標がある

続きを読む 6 コメント