身体に覚えさせる  の意味?

舞ならば振りや手順、歌なら節回しや詩文を、スポーツならフォームを、
繰り返し練習することで身体にたたき込む(歌でよく言われる歌い込む)。
このことが身体に覚えさせるという事でしょうが? この事ではありません。

 

この課題に関しては、目に見えない音よりも、

目に見える舞の方が理解しやすい。
舞においてはしばしば鏡の前で練習する。
この練習は、自分自信の「動きの体感」と、
現実の姿(第三者にどのように見えるか)とを関連付ける練習になる。
この練習によって、「こう動くと、こう見える」、逆に「このように見えるには、
このように動けばよい」というようなことが解ってくる。
これが舞でいうところの「身体に覚えさせる」ということ。

では発声の場合はどうでしょうか。
残念ながら、自分の声を鏡に映しながら練習するようなことは不可能。
自分の声は自分の耳に聴こえますが、

自分の耳には、空気を伝わってくる声と、
身体内を伝わってくる声が混ざって響いてきます。
発声の練習で難しいのはここです。
テープに録音して聴き直す方法も考えられるが、
かなり性能の良い機材を使わないと正しい判断ができない。

たとえば、「ラ」の高さを発声する際には、
自分の声帯を毎秒440回の振動を起こす状態に準備して声を出す、
こんな高度な作業を声帯にやらせているわけだがが、
普通に歌える人なら何でもないこと。ほとんど無意識で歌えます。
この難しい作業をいとも容易くやってのけるのは思考ではなく反応・体感です。
もし体感覚が失われたなら、まともに歌えなくなるでしょう。
ステージで上がってしまって、いつも出来ていることが、
その通り出来なくなって失敗することがありますが、
それは気分の極度の緊張が反応・体感を狂わせてしまうからです。

 

反応・体感覚は、実践においては思考よりも正確で俊敏で頼りになる能力。
このすばらしい体感の能力は、
誰もが生まれながらに持っている本能的能力には違いないのだが、
磨かなければその凄さは発揮されない。

たとえば、舞の初心者は「この時の腕の角度はこうです」と教えてもらっても、
次ぎに舞う時には角度が違っているでしょう。
三度目は、また違う角度になるでしょう。    ところが上達すると、

習うと即座にその角度を身体が覚えてしまえるようになる。
腕の角度だけはなく手や指先の使い方まで一瞬の内に覚えてしまう。

体感とは自分の筋肉の動きを探知する神経網(センサー)のようなもの。
つまりこのセンサーの性能を高めることが体感を磨くということ、
この過程を「身体に覚えさせる」ということです。

声のこと歌のこと

何でもお気軽に!

 

都合のいい

空時間をご予約

下さい

開設日 2012.04.01

アクセスカウンター

メルマガ限定記事

読者限定の無料特典付き

[パトス・ボイトレ

 発声身体力学講座]

  読者登録

教室運営の一部変更

今月のテーマ 4月

<今月のブログ>

2014年

10月

30日

絶対に間違えてはならないこと!

 

不出来のパーツの箇所の修正に意識が行き 

続きを読む 0 コメント

2014年

10月

19日

声の本質に気付いて欲しい!

音は波動体(のエネルギー体)

続きを読む 1 コメント

2014年

10月

01日

多くの人が信じてる真逆に、答えがある確率大!

真理は、自分も超えているという

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

17日

何かをしようとすると先に見えるものは?

目の前の壁が達成の前に先に見える

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

14日

私の目指す指導者!

教えるとは?

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

08日

腹筋とリラックスについて 是非聞いてください!

腹に力を入れなさい、胸はリラックスしなさい

続きを読む 5 コメント

2014年

9月

02日

成長より誕生が難しい!

練習には成長・進化と

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

17日

歌は歌えるのだが・・・

歌うものが歌えていない

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

12日

決まっている から自由に成れる

この度 パトス・ボイトレ講座の動画を制作して

 

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

02日

上達は個体の進化、やり方ではない!

進化は宇宙の能力を引き出すだけ

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

31日

呼吸とは、大気とのお付き合い

空気・気圧       呼吸・生物・息

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

30日

姿勢とは、重力とのお付き合い

重力         姿勢(大腰筋)

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

02日

発声道の発展へ

続ける、努力するは、

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

01日

ボイトレの前に習い事とは?

それぞれ習い事には
直接の目的・目標がある

続きを読む 6 コメント