歌う声が、息の吐き方を求める

発声は腹式呼吸が至上命題のごとく云われるが、
呼吸法を誘発するための発声法」であって、
呼吸法で発声がガラッと変わるほどの、大きな影響力は持っていない。
まずは喉の使い方、それがあってこその呼吸法。
(先に呼吸法を身に着けても、初めから
 呼吸と発声が融合していないと、改めて、癒合させる課題を残す)

 

横隔膜や呼吸器系の筋群などが息支えの状態になると、
本来は発声器官ではないところまで声を伝搬しやすい状態になってくれる。
体壁振動などで体の中に音が伝搬し、
体の共鳴器官となり得る所で反響を繰り返し、
基本的に考えられている発声器官による声に追加される。

喉から上だけで発声し反射し、増幅させている状態、
(俗に言う「喉声」)から変化させてくれる。
要は身体の一部分だけで声を出す状態から、
身体全体を増幅器のように扱って、より声に肉付けをする。
平坦で膨らみのない声から、立体的で広がりのある声になる。

 

これは発声原理を考えて、肺から呼気が流れ出し声帯で音となって、
その音が喉頭・咽頭・口腔・鼻腔等で反響増幅され声になる過程を、
一本の管とすると、

喉声の人は
この管が肺から上にしかない、いわば短い管で、
声に広がりが無いので、管の径も太くない感じを受ける。
さらに声は主に喉より上で加工されるので、
管の形も肺と喉より上で折れ曲がったような、まっすぐな感じを受けない。
「あ、この人は喉から上だけで加工した単純な声だな…」って感じさせる。

息支えのある人は
体の中で起こす声の反響・伝搬によって、その道が長く広くなり、
まるで体の底から管が始まって頭のてっぺんを貫いている様な、
屈折とか狭まったりせず、外に出てきている様な感じを受け、
「体をまっすぐで太い管が通っている様な声

 =腹から声が出ている様な声」に感じさせる。

 

上記の声のイメージの発声(法)を実現する為に、
いろいろな腹式呼吸のやり方(目的毎に)がある中で、
歌う声の為の腹式呼吸(息支え)が身体に構築される(装置化される)。
声のイメージがないと、ただの腹式呼吸法になってしまう。

喉頭と反応し、さらにその反応が全身化する呼吸を求める。

声のこと歌のこと

何でもお気軽に!

 

都合のいい

空時間をご予約

下さい

開設日 2012.04.01

アクセスカウンター

メルマガ限定記事

読者限定の無料特典付き

[パトス・ボイトレ

 発声身体力学講座]

  読者登録

教室運営の一部変更

今月のテーマ 4月

<今月のブログ>

2014年

10月

30日

絶対に間違えてはならないこと!

 

不出来のパーツの箇所の修正に意識が行き 

続きを読む 0 コメント

2014年

10月

19日

声の本質に気付いて欲しい!

音は波動体(のエネルギー体)

続きを読む 1 コメント

2014年

10月

01日

多くの人が信じてる真逆に、答えがある確率大!

真理は、自分も超えているという

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

17日

何かをしようとすると先に見えるものは?

目の前の壁が達成の前に先に見える

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

14日

私の目指す指導者!

教えるとは?

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

08日

腹筋とリラックスについて 是非聞いてください!

腹に力を入れなさい、胸はリラックスしなさい

続きを読む 5 コメント

2014年

9月

02日

成長より誕生が難しい!

練習には成長・進化と

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

17日

歌は歌えるのだが・・・

歌うものが歌えていない

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

12日

決まっている から自由に成れる

この度 パトス・ボイトレ講座の動画を制作して

 

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

02日

上達は個体の進化、やり方ではない!

進化は宇宙の能力を引き出すだけ

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

31日

呼吸とは、大気とのお付き合い

空気・気圧       呼吸・生物・息

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

30日

姿勢とは、重力とのお付き合い

重力         姿勢(大腰筋)

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

02日

発声道の発展へ

続ける、努力するは、

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

01日

ボイトレの前に習い事とは?

それぞれ習い事には
直接の目的・目標がある

続きを読む 6 コメント