喉を開きなさい? の大誤解!

これは、最も多いい発声の指導の言葉の1つだと思う。
本当に正しいのだろうか?
喉(のど)とは、どこを(正確な場所)指すのだろうか?
漠然と喉頭全体をイメージしていないだろうか?
喉の力を曖昧に抜こうとしていないだろうか?
声帯は閉じないと声はでません。
声帯は閉じる・喉は開く・・ここに迷いの元が発声いえ発生?

歌おうとするとき確かに、喉を詰めてしまうと、歌い辛くなる、

やはり開かないと!

喉を開く」(オープンスロート)という言葉は誤解されやすい言葉。
外喉頭筋がはたらいて、声帯が前後に長く伸びることをいう。
声門が開く(声帯が左右に開く)事を言っているのではない。


『ある筋肉が仕事をこなすのに無理が生じると、
 他の筋肉が助けに回る。』(当HPの身体操作のコンテンツより) 
声帯を閉じる力(筋肉)が、弱い為に(意識がそこに集中できない為に)、
喉頭を顎や胸も囲んで喉全体(首)に力が入り、結果、喉が閉まるのです。
喉を開くとは、正しくは、声帯の上の咽頭腔の部屋です。
喉は、体の開きで(支えで)開きます、

そして声帯をきちっと閉じる筋肉を鍛える必要があります
周囲が伸展し、芯部だけを閉じます、
このことは、丹田に集中する意識と一致します。
意外ですが、

声帯を閉じる力(筋肉)が弱いことが、喉が閉める要因にもなっているのです。

力を抜くために力がいる、力を集める為に力を抜く、のです。
メソッドのエッジボイスで声帯の閉鎖の感覚を覚えながら鍛えて下さい。

【追記】

喉を開けようとする意識が逆に喉を硬くしてしまう危険がある。
発音しづらかったり、高音域で力んでしまうのはそこに原因があるのかも。
喉や声帯の筋肉はなかなか自由自在にコントロールできるものではない。
では結果として「喉が開いている」時にはどのような状態なのだろうか。
喉が開いているときは、喉仏が下に下がっている。
それに似ているのは「あくび」の喉の状態。
あくびをするときには自然と喉が開いている。
それでは喉仏を下げてあくびをしながら歌えばよいのかというとこれも違う。
あくびはあくまでも息を吸う行為、

そのまま発声してしまうと逆に力んでしまったり

声が奥にこもってしまう危険がある。
歌っているときに少し疲れを感じたときに、
あくびで喉をストレッチしてあげるくらいでよいと思う。
大切なのは喉だけに意識を持ってくるのではなく、
体全体が硬直してしまわないようにリラックスすること。
もちろん表情筋が柔らかく使えることも必要。

「喉を開けて」と意識しないほうが良い。

→

声のこと歌のこと

何でもお気軽に!

 

都合のいい

空時間をご予約

下さい

開設日 2012.04.01

アクセスカウンター

メルマガ限定記事

読者限定の無料特典付き

[パトス・ボイトレ

 発声身体力学講座]

  読者登録

教室運営の一部変更

今月のテーマ 4月

<今月のブログ>

2014年

10月

30日

絶対に間違えてはならないこと!

 

不出来のパーツの箇所の修正に意識が行き 

続きを読む 0 コメント

2014年

10月

19日

声の本質に気付いて欲しい!

音は波動体(のエネルギー体)

続きを読む 1 コメント

2014年

10月

01日

多くの人が信じてる真逆に、答えがある確率大!

真理は、自分も超えているという

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

17日

何かをしようとすると先に見えるものは?

目の前の壁が達成の前に先に見える

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

14日

私の目指す指導者!

教えるとは?

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

08日

腹筋とリラックスについて 是非聞いてください!

腹に力を入れなさい、胸はリラックスしなさい

続きを読む 5 コメント

2014年

9月

02日

成長より誕生が難しい!

練習には成長・進化と

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

17日

歌は歌えるのだが・・・

歌うものが歌えていない

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

12日

決まっている から自由に成れる

この度 パトス・ボイトレ講座の動画を制作して

 

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

02日

上達は個体の進化、やり方ではない!

進化は宇宙の能力を引き出すだけ

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

31日

呼吸とは、大気とのお付き合い

空気・気圧       呼吸・生物・息

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

30日

姿勢とは、重力とのお付き合い

重力         姿勢(大腰筋)

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

02日

発声道の発展へ

続ける、努力するは、

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

01日

ボイトレの前に習い事とは?

それぞれ習い事には
直接の目的・目標がある

続きを読む 6 コメント