当サイト内のコンテンツのトレーニング
『伸びない人・伸びる人の違い!』にも書きましたが・・

一部のカラオケの練習の様子は、
《先生の後について節回しを真似て歌う・・・
 節を覚えると一人で歌って悪いところを注意してもらう》
およそこの繰り返しだと思う。
たとえば100人の初心者が同時に習いはじめ、同じように練習を続けて、
数年後の様子を見ると、

目立って上達した人とそうでない人の差が歴然と表れてくる。
もっとも、目立って上達するのは100人中数名しか居ないと思えるが、
同じように練習しているのに、何故大きな差が生じるのだろうか?

抜きん出て上達する人というのは、
大抵は、習う以前から発声の状態が良い人なのですが、
スタート時点での差はしかたないとしても、
同じように練習すれば並行線のまま上達して行ってもよいはずだが、
上達度にも大きな差が生じる

「元々発声の状態が良い」というのは、

発声器官の筋肉の働きのバランスが良い。
発声器官の筋肉が弱いのは現代人に共通している。
そんな中でも、生まれ付き、あるいは育った状況によって、
発声器官がバランス良く保たれている人が少数いる。
しかし、多くの人の喉は、弱いだけでなく働きのバランスも悪い。

練習には、良い練習と悪い練習 の2つの練習がある。
発声器官のバランスが良い状態で練習すると、
バランス良く強化されますので、どんどん上達して行く。
しかし、バランスの悪い声で練習すれば、バランスが悪く強化されることになり、
場合によっては、バランスが更に悪くなることも起こり得る。
(悪い発声が身に付き、更にはいわゆる声の破壊・つぶれる・声が出なくなる)

鍛える以前に、

バランスを整えることをしないと、何万回練習しても絶対に上達できない。

(この問題を、歌う心がけや安易な個性論・精神論では、未解決のままになる
なぜなら、それは悪い練習を繰り返していることになるから。

このバランス回復運動がヴォイス・トレーニングなのです。

声のこと歌のこと

何でもお気軽に!

 

都合のいい

空時間をご予約

下さい

開設日 2012.04.01

アクセスカウンター

メルマガ限定記事

読者限定の無料特典付き

[パトス・ボイトレ

 発声身体力学講座]

  読者登録

教室運営の一部変更

今月のテーマ 4月

<今月のブログ>

2014年

10月

30日

絶対に間違えてはならないこと!

 

不出来のパーツの箇所の修正に意識が行き 

続きを読む 0 コメント

2014年

10月

19日

声の本質に気付いて欲しい!

音は波動体(のエネルギー体)

続きを読む 1 コメント

2014年

10月

01日

多くの人が信じてる真逆に、答えがある確率大!

真理は、自分も超えているという

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

17日

何かをしようとすると先に見えるものは?

目の前の壁が達成の前に先に見える

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

14日

私の目指す指導者!

教えるとは?

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

08日

腹筋とリラックスについて 是非聞いてください!

腹に力を入れなさい、胸はリラックスしなさい

続きを読む 5 コメント

2014年

9月

02日

成長より誕生が難しい!

練習には成長・進化と

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

17日

歌は歌えるのだが・・・

歌うものが歌えていない

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

12日

決まっている から自由に成れる

この度 パトス・ボイトレ講座の動画を制作して

 

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

02日

上達は個体の進化、やり方ではない!

進化は宇宙の能力を引き出すだけ

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

31日

呼吸とは、大気とのお付き合い

空気・気圧       呼吸・生物・息

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

30日

姿勢とは、重力とのお付き合い

重力         姿勢(大腰筋)

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

02日

発声道の発展へ

続ける、努力するは、

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

01日

ボイトレの前に習い事とは?

それぞれ習い事には
直接の目的・目標がある

続きを読む 6 コメント