1.喉頭を中心としたコントロールする喉頭筋群の技術及び強化
2.呼吸を中心としたブレスコントロールする呼吸筋群の技術及び強化
トレーナーによって1と2との重点の違いでレッスンの内容が少し違います

 

1.の喉頭派は、とても呼吸の事が曖昧です。
 たとえば、腹式呼吸の説明・必要性も
 『腹式呼吸は、みなさんが寝ている時に行っている一番自然な呼吸法です。
  「自然な腹式呼吸」ができていれば特に問題はありません。
  「声を発するための声帯にゆっくりと息を供給する腹筋の柔らかい動き」』
  という扱いです。    (実は、その「自然な腹式呼吸」を見失ってる!?)
2.の呼吸派は、身体と深い息の関係の身体造りから入ります。
 最初に息吐きを中心としたトレーニングです。
 喉は、無くても息から声を出す感覚にします。
 腹式呼吸も体幹部、股関節まで及ぶ「息支え」の感覚・技術から
 喉の自由度(開く)喉頭筋へと進みます。

 

この立場の違いは、
 アメリカ方式の発声法の提唱者は、1.の立場をとっているように思います。
 欧米人と違い日本人の浅い呼吸・日本語の制約など

 日本人の特性からの提唱者は、
 2.の立場をとっているように思います。
 
 欧米人は、すでに深い息です、日本人は、胸式の浅い息です。
 欧米人は、喉に力が入り難い、日本人は、喉に力が入り易い。

        (声帯が開き過ぎ)       (喉の力で閉じ過ぎ)
 パトス・ボイトレは2.の立場をとり、1.も学んで行きます。

導入は

個人の状態にも寄ると思います、喉を力むクセのない人は1.からでも

また 今はマイクの性能も良くパワーもさほど求めません

ただ カラオケで喉に力の入り易い人は

2.から喉に代わる支え感・息支えの感覚が必要だと思います。

注意!

 腹式呼吸は、決して「強い息」を作るために腹筋を鍛えることではないのです。

むしろ胸部のリラックスと呼吸を体幹部にわずかな力の総和で担わせ

呼吸と喉の反応を良くする為です。

睡眠時の呼吸は腹式であっても喉と反応させてないのです。

その事だけで腹式呼吸を運動としてだけで捉えると間違えます。

声のこと歌のこと

何でもお気軽に!

 

都合のいい

空時間をご予約

下さい

開設日 2012.04.01

アクセスカウンター

メルマガ限定記事

読者限定の無料特典付き

[パトス・ボイトレ

 発声身体力学講座]

  読者登録

教室運営の一部変更

今月のテーマ 4月

<今月のブログ>

2014年

10月

30日

絶対に間違えてはならないこと!

 

不出来のパーツの箇所の修正に意識が行き 

続きを読む 0 コメント

2014年

10月

19日

声の本質に気付いて欲しい!

音は波動体(のエネルギー体)

続きを読む 1 コメント

2014年

10月

01日

多くの人が信じてる真逆に、答えがある確率大!

真理は、自分も超えているという

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

17日

何かをしようとすると先に見えるものは?

目の前の壁が達成の前に先に見える

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

14日

私の目指す指導者!

教えるとは?

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

08日

腹筋とリラックスについて 是非聞いてください!

腹に力を入れなさい、胸はリラックスしなさい

続きを読む 5 コメント

2014年

9月

02日

成長より誕生が難しい!

練習には成長・進化と

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

17日

歌は歌えるのだが・・・

歌うものが歌えていない

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

12日

決まっている から自由に成れる

この度 パトス・ボイトレ講座の動画を制作して

 

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

02日

上達は個体の進化、やり方ではない!

進化は宇宙の能力を引き出すだけ

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

31日

呼吸とは、大気とのお付き合い

空気・気圧       呼吸・生物・息

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

30日

姿勢とは、重力とのお付き合い

重力         姿勢(大腰筋)

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

02日

発声道の発展へ

続ける、努力するは、

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

01日

ボイトレの前に習い事とは?

それぞれ習い事には
直接の目的・目標がある

続きを読む 6 コメント