大脳で呼吸筋を動かさないこと!
呼吸において、一番大切なことは楽であること。
呼吸は自然にできているのが一番だとも言える。
それは大脳で呼吸筋を動かそうとしないこと。
歌う為の呼吸法(腹式呼吸)を身に着けることも
小脳でできるよにすること。(その為の練習量)
(多くの運動は、大脳の無意識、小脳の自動からの動きが理想)

 

日常生活でも、あまり呼吸を意識し過ぎると
かえって不自然になって、息苦しさを感じたりすることもある。
歌唱時においても、吸気においても呼気においても
息苦しかったり、どこかが苦しかったり痛かったり
どこかに無駄な力が入ったり
どこかにつかえたような感じがするのは

全て不自然な呼吸だと言える。
その不自然さは、大脳からの指令によることが主な原因。

 

呼吸は歌う以前に、人間の生命維持に不可欠なもの。
それが苦しくては、そもそも歌うどころではなくなってしまう。

 

ここで大事な感覚は、自然で楽ではあるが常に無感覚ではない。
詰まり感・力み感・苦痛は、持続不可の感覚だが
時に、負荷・負担は、持続可能にする為に、受け止めて必要な感覚。

 

呼吸が苦しいなら

むしろ呼吸のことは全く考えずに歌った方がよい場合も。
呼吸を意識するなら

呼吸をすればするほど楽になるというイメージが大事。

 

呼吸が苦しい原因は多々あるが

多いのは息の吸い過ぎと力の入れ過ぎだろう。
息を必要以上に吸い込めば、それだけで苦しくなる。
息を吸い終わった時点で苦しさを感じるなら、

思い切って息を吸う量を少なくするべき。
息は保持することによる使い方が大事なのであって

量が大事なのではない。
そのような場合には

むしろ息を吸わないで歌い出す習慣をつけるといいかもしれない。
出だしで息を吸わなくても、意外と歌えるもので
慣れれば、必要な量だけ自然に入ってくるようになるもの。

 

機械的に、いつでも同じ呼吸をしようとすることは大敵。
24時間365日、同じ呼吸を続けている人なんていない。
それが歌うとなると、なぜか機械的な呼吸の繰り返しになってしまう。
その時に伝えたいこと、表現したいことによって
呼吸も自由に変化しなければならない。

 

表現は息を吸う時から始まることを忘れてはならない。
あなたは何を伝えるために、何を表現するために
今、息を吸おうとしているのでしょうか?
“息を吸うことも(音楽)表現”としなければならない。 →

声のこと歌のこと

何でもお気軽に!

 

都合のいい

空時間をご予約

下さい

開設日 2012.04.01

アクセスカウンター

メルマガ限定記事

読者限定の無料特典付き

[パトス・ボイトレ

 発声身体力学講座]

  読者登録

教室運営の一部変更

今月のテーマ 4月

<今月のブログ>

2014年

10月

30日

絶対に間違えてはならないこと!

 

不出来のパーツの箇所の修正に意識が行き 

続きを読む 0 コメント

2014年

10月

19日

声の本質に気付いて欲しい!

音は波動体(のエネルギー体)

続きを読む 1 コメント

2014年

10月

01日

多くの人が信じてる真逆に、答えがある確率大!

真理は、自分も超えているという

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

17日

何かをしようとすると先に見えるものは?

目の前の壁が達成の前に先に見える

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

14日

私の目指す指導者!

教えるとは?

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

08日

腹筋とリラックスについて 是非聞いてください!

腹に力を入れなさい、胸はリラックスしなさい

続きを読む 5 コメント

2014年

9月

02日

成長より誕生が難しい!

練習には成長・進化と

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

17日

歌は歌えるのだが・・・

歌うものが歌えていない

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

12日

決まっている から自由に成れる

この度 パトス・ボイトレ講座の動画を制作して

 

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

02日

上達は個体の進化、やり方ではない!

進化は宇宙の能力を引き出すだけ

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

31日

呼吸とは、大気とのお付き合い

空気・気圧       呼吸・生物・息

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

30日

姿勢とは、重力とのお付き合い

重力         姿勢(大腰筋)

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

02日

発声道の発展へ

続ける、努力するは、

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

01日

ボイトレの前に習い事とは?

それぞれ習い事には
直接の目的・目標がある

続きを読む 6 コメント